ドイツ

Google
Web  bmk




ドイツの失業率

(2003年9月11日)

8月におけるドイツの失業率、失業数が発表された。報告によると8月はやや状況が回復し、前月よりも37800人減って431.4万人だったが、これは前年度の同月に比較すると29万6千あまりの増加である。

ドイツ連邦労働庁(Bundesanstalt für Arbeit (BA))(本部、ニュルンベルク)の報告によれば、労働市場が本格的に回復するのは、早くとも来年の半ばまで待たなくてはならず、この冬には失業者は500万人に達する可能性もあるとのこと。労働市場にとっては、寒い冬になりそうだ。



驚かされるのは、失業率の東西格差だろう。旧西ドイツが平均で8.3%なのに対し、旧東ドイツは18.2%で、その差は10%にも達しようとしている。旧東ドイツ地域に属する州では、ザクセン・アンハルト州の20.3%を筆頭に、最も失業率の低いチューリンゲン州でも16.5%といずれも10%台後半を記録している。ドイツ連邦政府は、旧東ドイツに属する州を「新連邦州(Neue Bundesländer(NBL))」と呼んでいるが、その新鮮さはなんとも皮肉に響く。【長嶋】

参考:http://www.arbeitsamt.de/hst/services/statistik/ 労働局によるドイツ労働市場に関する統計と解説
失業率(%) 州名 旧東西の別
20.3 ザクセン・アンハルト
19.5 メクレンブルク・フォアポンメルン
18.6 ブランデンブルク
18.0 ベルリン 東+西
17.5 ザクセン
16.5 チューリンゲン
13.0 ブレーメン 西
10.0 ハンブルク 西
10.0 ノルトライン・ヴェストファーレン 西
9.4 シュレスヴィヒ・ホルシュタイン 西
9.4 ザールラント 西
9.2 ニーダーザクセン 西
8.0 ヘッセン 西
7.5 ラインラント・ファルツ 西
6.7 バイエルン 西
6.2 バーデン・ヴュルテンベルク 西


広告/スポンサー

Copyright © forum bmk All rights reserved