ドイツ
無名大学の成功事例−グライフスヴァルト総合大学(Uni Greifswald) 【2004年4月27日】
Google
Web  bmk





 日本では大学改革の嵐が吹き荒れ、国公立、私立を問わず内部改革に忙しい。地方の小私立大学ともなれば、どうやって次年度の入学希望者を確保するかで頭を悩ませているところもあるという。そんな日本の大学にモデルを提供するかどうかはわからないが、ドイツには10年間で登録者数を倍増させ、第一志望で入学する学生を毎年増やしている大学がある。


 4月発行のシュテルン誌特別号「キャンパスとキャリア」が、大学開発センター(CHE, Centrum für Hochschulenentwicklung)のランキングデータをもとにドイツの各大学の評価を発表した。調査対象となった20種類の学部・学科中、半数で「目的意識の高い」学生への推薦校として浮上したのが、グライフスヴァルト総合大学、またの名をエルンスト・モーリッツ・アルント総合大学(EMAU)だ。
 ドイツのどこにこの大学があるのか知っている日本人はよほどのドイツ通だろう。ドイツには大学入学志望学生を、大学入学資格試験の成績によって各大学に割り振る制度があるが、その制度でこの大学に割り振られて初めてグライフスヴァルトがどこにあるか知った学生もいたという。さて大学の所在地グライフスヴァルトは、ベルリンの北方、メクレンブルク・フォアポンメルン州のバルト海に面した小都市で、人口は6万8千あまり。
 この小都市の小大学の人気の秘密は何だろうか。旧東独地域にあって東部復興のために大金が投じられたのだろうか。確かに大学の整備のために予算が割り振られたのは事実だが、それは他の東部地域の大学と同様であるし、ほぼ0に近いところから出発した大学が他の他の大学に比べて設備面で優れているというわけではない。新聞によると現学長が1994年にこの大学に教授(心理学)として聘されたときには、自分の机もコンピューターも実験施設もなかったということだ。では優秀な教授陣だろうか。これも他の大学に比べて特別というわけではないようだ。
 さては大学生の生活環境だろうか。確かにこの大学への登録料は1学期につき40ユーロとベルリンの大学の3分の1以下と安く、住居費も経済脆弱地域とあってかなり安い。学生の経済生活を圧迫することはない。自転車でどこでも行ける小さな街では交通費もかからない。上述した登録大学割り振り制度のおかげで仕方なくこの大学に送られたという学生も、かなりの部分がこの街の生活環境に満足しているという。この大学は、卒業までに要する時間が非常に短いというが、それはこのような研究に熱中できる環境が貢献しているのだろう。しかしそれだけとは思えない。似たような大学は沢山ある。
 大学が中からも外からも評価される理由を問われた大学関係者は、皆口を揃えて「特別の精神(ein besonder Geist)」が大学にあるからだというが、誰もそれをはっきりとは説明できない。あるとすれば教官、スタッフ、学生の「我々感覚(Wir-Gefühl)」だろうか。また学長は、この大学が「小さい、実利的な大学」であると言う。人気が上昇するに連れてこの大学には多数の学生が集まり、一時400人の学生が一つの講義に出席しようとしたことがあった。しかし大学が持つ最大の教室でも250人までしか収容できない。そこで大学は50万ユーロの投じわずか3ヶ月の間に500人を収容できる講義室を調達したという。確かにこのようなフットワークの軽さは、卒業に必要な講義が何年にもわたった行われないといったようなベルリンの大学にはまねのできないことかもしれない。「小さい」ということをメリットとしている好例だろう。
 ヨーロッパの古い大学都市へ行くと、街中に講堂、研究所、施設が分散しているのを見ることができる。これは大学が、必要に応じて施設を整備して行った結果であろう。今日の総合大学(ドイツ語の「ウニベルジテート(Universität)」、英語の「ユニバーシティー(University))には、万学総合の場という意味があるが、これは19世紀に始まったことでその前は別の意味があったという。それはラテン語の”universitas”で「教えるものと教えられるものの総体」、つまり教授と学生の共同体だ。大学に籍をおくものが「我々感覚」を持っているとすれば、まさに古い大学の理念がここに甦ったといえるだろうか。
 大学復興のカギはひょっとすると大学草創期の理念に戻ることかもしれない。【長嶋】

参考文献、リンク
Der Studienführer von Stern und CHE (Stern spezial Campus & Karriere), Nr.1 (April 2004)  
上記のシュテルン・スペシャルのHP:www.stern.de/studienfueherer
大学開発センター(CHE)によるランキング:www.dashochschulranking.de
Berliner Zeitung (2004年4月24/25日)  
グライフスヴァルト大学のHP:www.uni-greifswald.de




広告/スポンサー
【関連記事】 岐路に立つ大学−エリート大学構想

Copyright © forum bmk All rights reserved